「HideandSeek」の版間の差分

提供: 語り部Wiki
ナビゲーションに移動 検索に移動
 
(同じ利用者による、間の1版が非表示)
2行目: 2行目:
 
 横浜に存在するBar。普段正体を隠しながら街に溶け込んでいる異能者や人外が自然と集まり交流する場所。<br/>
 
 横浜に存在するBar。普段正体を隠しながら街に溶け込んでいる異能者や人外が自然と集まり交流する場所。<br/>
 
『一時の止まり木を提供する場所』をモットーとし、それに賛同する者たちが結んだ秘密の協定に参加する店が世界各地に存在している。それは[[吹利]]も[[オノゴロ島]]も例外ではない。<br/>
 
『一時の止まり木を提供する場所』をモットーとし、それに賛同する者たちが結んだ秘密の協定に参加する店が世界各地に存在している。それは[[吹利]]も[[オノゴロ島]]も例外ではない。<br/>
明治維新ほどなくから喫茶店として存在している。酒類の提供は第二次大戦後から始まり現在の形に落ち着いている。
+
明治から流行した喫茶店を背景とした店が多いが、協定に参加している店の中には書店や服店なども存在する。
 
=== 非日常の側面を持つ者たちの暗黙の交流ネットワーク ===
 
=== 非日常の側面を持つ者たちの暗黙の交流ネットワーク ===
 
 『Hide and Seek』という言葉は[[BaySide23]]において異能者や人外の交流の場となる場の隠語として用いられています。
 
 『Hide and Seek』という言葉は[[BaySide23]]において異能者や人外の交流の場となる場の隠語として用いられています。
10行目: 10行目:
 
*場所を提供する店主達は極秘の手段で情報を共有しており、顧客が希望すれば様々な依頼や事件を各地へ仲介することがある。
 
*場所を提供する店主達は極秘の手段で情報を共有しており、顧客が希望すれば様々な依頼や事件を各地へ仲介することがある。
 
*大体[[他界レベル]]2。
 
*大体[[他界レベル]]2。
*ギブアンドテイクが基本であり唯一のルール。
 
  
 
;規模
 
;規模

2020年5月19日 (火) 05:15時点における最新版

Hide and Seek[編集]

 横浜に存在するBar。普段正体を隠しながら街に溶け込んでいる異能者や人外が自然と集まり交流する場所。
『一時の止まり木を提供する場所』をモットーとし、それに賛同する者たちが結んだ秘密の協定に参加する店が世界各地に存在している。それは吹利オノゴロ島も例外ではない。
明治から流行した喫茶店を背景とした店が多いが、協定に参加している店の中には書店や服店なども存在する。

非日常の側面を持つ者たちの暗黙の交流ネットワーク[編集]

 『Hide and Seek』という言葉はBaySide23において異能者や人外の交流の場となる場の隠語として用いられています。

  • 各地で自然発生的に生まれた異能保持者や人外のネットワークが基盤となっている。
  • 交流の基点となる場所の形態は様々だが、最も多いのは喫茶店やバー。
  • 客層は常として人外や異能者など、非日常の側面を持つ客が多い。
  • 場所を提供する店主達は極秘の手段で情報を共有しており、顧客が希望すれば様々な依頼や事件を各地へ仲介することがある。
  • 大体他界レベル2。
規模
世界各地。
知名度
アングラ系の知識を持っていれば言葉だけは知っている。

関連人物[編集]

Kent
たまにカウンター席に座って飲んでいる。

店舗リスト[編集]

各店舗はその店流のサインで秘かにHide and Seekであることを示しています。それを発見できるかは洞察力次第です。

Hide and Seek
始まりの店。横浜の沿岸部に存在する。
Quik silver
オノゴロ島の南スラム街にあるBar。

関連組織[編集]

名前
解説

歴史[編集]

言及作品[編集]

作品名
解説

話題まとめ[編集]

資料リンク[編集]

リンク[編集]