2016年1月30日(土)のメンテナンスは完了しました。ご協力ありがとうございました。

参加案内

提供: 語り部Wiki
移動先: 案内検索

語り部って、何?[編集]

TRPGと創作活動で架空世界を楽しむコミュニティです。
多彩なジャンルに渡り架空世界が存在し、そこへ参加していく事でその架空世界を構築していけるのが特徴です。参加・活動には直接費用は不要です。

参加案内[編集]

参加手順については以下のキーワードを参照してください。

遊び方[編集]

語り部には主に以下のような遊び方があります。
アイディアがあれば他にもいろいろな遊び方ができることでしょう。

良く動く世界設定[編集]

他にもありますが、ボチボチとやりたい人が動かしてます。

狭間06
不思議なことのある現代日本を舞台に、ほのぼの怪異な日常を遊びます。
霞ヶ池の闇
シリアスで危険な現代異能バトル。
多界捜神伝
現代日本を舞台にした異界探検物。セッション用の舞台です。

その他[編集]

昔の案内[編集]

リンク[編集]

参加案内[編集]

参加手順[編集]

  1. 語り部に参加する。
  2. IRCもしくはメーリングリストにてHA06への参加表明をする
  3. キャラクター作成する。
    • IRCなどで相談しながら作ると良い。
    • 語り部においてはキャラクターは完成しない(常に成長しうる)ので、完成形として作らない方が扱いやすい。
  1. IRCメーリングリストで話に参加する。
    • 事前に(その話への)他の参加者から許可を得るのが望ましい。
      • 例)「今からここに○○(自分のキャラの名前)を登場させてもいいですか?」
        話によっては、参加できない場合もまれにある。

IRCチャンネル[編集]

ha06系[編集]
    1. ha06ならびに#HA06-01および#HA06-02
  • 狭間06のメインチャンネル3つ。キャラチャットおよび関連の話題はここで。
KA系[編集]
    1. kataribeならびに#KA-01から#KA-06
  • メインチャンネルならびに汎用予備チャンネル。上記3つがふさがってたりした場合は#KA-01から#KA-06の若い方から慣例的に使用しています。

情報の入手[編集]

  • 一部情報はRSSで入手することが出来ます。
KATARIBE.COM Update News
http://kataribe.com/index.rss
kataribe-ml ML
http://www.trpg.net/ML/kataribe-ml/index.rss
狭間06 Wiki
http://hiki.kataribe.jp/HA06/?c=rss
狭間全般Wiki
http://hiki.kataribe.jp/HA/?c=rss
語り部Wiki
http://hiki.kataribe.jp/kataribe/?c=rss

気をつけるべきこと[編集]

端的に言ってしまえば、伝奇ものとかバトルものの登場人物のようなキャラクターはフィットしづらいってことです。
  • 狭間06の基本的特性は『日常回帰』である。
    これは、基本的に「HA06の範疇で発生する事件は、将来的に収束し、結末の後にも世界、また登場人物は日常生活に戻れる」という概念である。
  • 狭間06での生活は現実日本と大差無い。
    学校は退屈かもしれないし、近所のおばさんはゴミを出す時間に文句言うかもしれない。
  • 狭間世界に住む大半の人間は日本人で異能は持っていないし、そもそも知りもしない。
    なので、異能持ちのキャラクターはそのキャラクターの日常生活のためにも、みだりに異能をひけらかしてはいけない。
「牧歌的な謎生物」が「大手を振ってだれもが存在を認識している」だと外れる。
特定少数、あるいは普通の生物と誤認、あるいは都市伝説扱い、みたいな。
「結果として他者の認識が現実世界から外れない」限りはドンパチありあり。
「ちょっと人里離れたトコでドンパチ」と「人里でドンパチ」が混用されるのが問題。
思い返すに「なんだかなー」な反応だったのって、「人里でドンパチ」
なんじゃねーかと思うんだが
ギリギリを試すようなのを常時というのは困るよなあ、とは思います。はい。
あとまあ、先にも書いたけど「日常回帰」ってのは
「その後も関係を続けられるであろうという予期」をもたらしてるので、
「致命的な危険のあるドンパチ」は、そのへんでリスクがある。
日常に軸足をおく人物との齟齬が生じちゃう。ないのも変だけど「それ主体」の
人物像にしちゃうと辛いのかなと思う。逆にまあ「日常回帰」というくらいなんで、
外れるところがないというのも変というのはありますが。
「危機があっても回帰するように操作してればいい」で運用されてきたわけ
ですよな。たぶん。配分率の問題 
  • 狭間06で展開されるキャラチャの多くは路上ではなく、誰かの家やどこかの店が舞台になる。こうした場所でのキャラクターの不自然な登場は敬遠されやすい。
  • 狭間における異世界(他界)は無数に存在するものである。
    類似するものも無数に存在するので、統合的な異世界を作ろうとしてはいけない。
    • 例)魔界や天界や地獄も無数にある。
      とある悪魔が魔界の唯一の王であったとして、同様に他にも魔界の唯一の王が存在する可能性はある。この場合、ひとつの魔界に二人の王がいるのではなく、二つの魔界にそれぞれ王がいると考えるのが正しい。
  • 狭間06における、ステータス限界を守る。(使っていい数字は整数だけだッ!)
  • PCに永続的に影響を与えるような異能は設定できない。
    異能の発動を成功させたからといって、強制的に他のPCに不利な特徴値を付与するような異能は作れない。
  • PCを精神的にコントロールするような異能持ちは好ましくない。
    そうした異能はPLレベルでのすり合わせが必要であり、そういうPCは他のPCやPLにとって脅威であるため、距離を取られ易い。
  • 万能系異能持ちは好ましくない。
    そうした異能持ちはキャラの個性を保たせにくく、また『俺様最強主義者』であるという認識を受けやすいため、距離を取られ易い。
  • アイテムPCはルール的に好ましくない。
    語り部ルール上、PCの強さは技能値と特徴値、そして何より総余力量である。アイテムとして機能し他のPCをバックアップするPCは1PCあたりの総余力量を変動させることになり、それによって大幅にパワーバランスが崩れるので好ましくない。
    同様に2PCで1PCとして機能するようなタッグキャラも好ましくない。1PCで2PCとして機能するようにデザインすべきである。
    (セッションを行うことがほとんど無いので、さほど影響は無いという意見もある)
  • 自分のPC同士で人間関係を組み続けると他のPLが参入しづらい。
    『独壇場』になってしまうからである。

遊び方[編集]

資料リンク[編集]

リンク[編集]


無限都市参加案内[編集]

  • 夜見る悪夢のように、確かにみたことのある物ばかりなのに、現実とは違う組み合わせ、異常な誇張(サイズ・数量など)、非常識な振る舞いが蔓延している。
    • 布団が木に生っていたり、布団に食べられたり、布団を愛してどうしようもない変態が徒党を組んで立ちはだかったり、見渡す限り布団が干してあったり、高さ1000mの山に物干し竿が渡してあって2000m*1500mの布団が干してあったりするような、そんな世界です。
  • 確定事実のない悪夢のような嫌らしさのある世界。
  • 狭間は「変なことが裏側で実在する現代日本」ですが、無限都市は「現代日本の部品を使ったオモチャ箱のような変な世界」です。
  • 無限都市の雰囲気やノリについては玖々津好、無限都市へ迷い込む事がおすすめ。

参加手順[編集]

  1. キャラクター作成
  2. 無限都市にまぎれこんだときの戸惑いや反応を考えてみる
  3. #IC他のIRCに参加して適当に質問したり会話したりしてみる。
  4. ランダム・ジェネレータで状況を作って反応してみたりする。
  5. 小説でも書く

無限都市にあること[編集]

  • エキストラにより維持されている生活のようなもの。
  • エキストラを支配し仲間を集めた似て非なる組織の乱立。
  • 死亡しても真夜中までを共有する別の自分が存在しうる。
  • 疾走によるある種のテレポート。
  • を介した舞台移動。
  • 自分自身との遭遇。

無限都市にないこと[編集]

  • 無限都市の上位管理者/統一組織
  • 確定的な無限都市の原因/成因
  • 無限都市からの脱出

資料リンク[編集]

PW01-SG参加手順[編集]

  1. ガイドと過去作品を読んで、何をするものか、どういう雰囲気か掴む
  2. キャラクター作成
  3. 遊びたい人がゲームマスターとプレイヤーを集める
  4. ゲームマスターが迷宮シナリオキャラクターとして作成する。
  5. セッションしてみる。

資料リンク[編集]

霙の街参加案内[編集]

整理していかないと。

霙の街背景設定まとめ[編集]

霙の街背景設定ログ[編集]

百縁独自のルール[編集]

  1. EngRule
  2. BattleRule
  3. NineGate

PS[編集]

現状は、オフ会で遊んだりしてるのがメインかしらん。 専用チャンネルは#PSです。