2018年8月5日(日)のメンテナンスは完了しました。ご協力ありがとうございました。

登場勢力

提供: 語り部Wiki
移動先: 案内検索

ピアスト家[編集]

かって東欧某国に存在したとされる貴族の一派が母体とされる戦闘集団。豊富な財力と資源を有しており世界の影で暗躍しているとされる。強力なエネルギーを有する転送施設、専用の研究所、及び即座に展開可能な私兵団を有しておりオノゴロ島にとって強敵であることに違いは無い。組織の施設は非公開及び現実世界では見えないようカモフラージュされており、構成員も一般社会では素性すらつかむのは困難となっている。(一般の風景、社会に溶け込んでいる。仕事は痕跡すら残さずやってのける。などである)最高意思決定者はピアスト家関係者が下すがトップのピアスト大公についてはどのような人物か正体すら不明である

幻魔寺院[編集]

オノゴロ島で一定勢力を持つ幻魔教と呼ばれる一派。教義は仏教を始めとして現地の土着崇拝、更には魔人崇拝など様々な教義が集合した混合的僧兵集団、一般にはほとんど教義などを公表しておらず、さらに修練内容すら極秘とされている。一つ分かるのは戦いを吹っかけられた場合や同組織の者が問題を起こした場合のみ即座に対応するという武闘派集団という事、位である

重要人物

大元帥吉光(だいげんすい・よしみつ) 幻魔寺院の大僧正(事実上のトップ)、非常に強力な法力を駆使する修験者で長きにわたる修行のすえ大元帥明王の名を頂くに至った。その言葉は幻魔寺院全体に影響すると言われている。トップに立った今でも幻魔寺院で瞑想と修行の日々を送っている

大威徳恒次(だいいとく・つねつぐ) 幻魔寺院ナンバー2、吉光の言葉に忠実に従いそれを実行して生きている。法力や幻術といった物よりも己の肉体で敵を粉砕する事を好む筋金入りの戦士。金砕棒と体術の達人

備前国玄壇(びぜんくに・げんだん) 幻魔寺院対外交渉及び物資管理・資材調達などを担当する調達所のボス、他の寺院関係者に比べて調達や交渉と言った仕事を担当する為か?幾分か砕けた性格をしている(ただしやはり幻魔寺院、常に威圧的な雰囲気を出している)

アンドリュー・イェン 幻魔寺院外人修練者担当の中間管理職、日々無茶な要求をするトップと不満をこぼす修練者の間で頭を抱える日々を送っている

幽暗(ゆうあん) 幻魔寺院降魔廟所属の老練な僧兵、陰に潜み音も立てず対象を暗殺、能力を生かした諜報活動・特殊工作に潜入任務と言った隠密行動を得意とする。性格は飄々としているが抜け目無く、幻魔寺院の弱みを握ってたり世間の裏の裏を知り尽くしていたりと一介の僧兵だが油断なら無い人物。大僧正の吉光ともなんらかの関係がある様だが…

所有施設

怪異対策並びに戦闘対策部署:通称・降魔廟(ごうまびょう) 幻魔寺院で戦闘が絡む自体が発生した場合動く実働部隊、所属しているのは戦闘僧兵や高錬度法力使いばかりである

法具(兵器)開発部署:通称・戚揚院(せきてついん) 幻魔寺院法具(兵器)開発を担当する部署、外見は仏殿のように見える建築物で関係者以外には門は硬く閉ざされている

物資管理・資材調達部署:通称・調達所(ちょうたつしょ) 幻魔寺院で必要な物資を調達する部署、幻魔寺院で唯一一般と接点を持っている場所である

情報交換・対外交渉担当部署:通称・有情院(うじょういん) 秘密主義の幻魔寺院において対外交渉などが行われる際に使用される来客場、普段は閉鎖されている

スレッジハンマー[編集]

オノゴロ島沿岸部にて数々の資源を日々採掘、輸送している労働者、通称マイナー達の商工業組合。労働者の集まりに見えるが、立場上彼らがオノゴロ沿岸部の鉄鋼製品並びに各種資源(第1次産業系)を担っているだけあって商売上手で、生産業者(2次産業系)の中央工廠も譲原も頭が上がらず彼らの機嫌一つ次第でオノゴロ沿岸部地域の鉄製製品の値段が跳ね上がったり安くなったりする。瓦礫の鉱山を主な労働場所としており、付近に自分たちの名を冠した街(同じく、同名の人気カクテルを出す酒場などがある)を所有している。この街の権力者はスレッジハンマーのトップであり、海千山千の商売人(マイナー)としてその界隈では有名である

石平一族[編集]

コンクリートの街の一連の事件(抗争・動乱)の際、コンクリートの王に協力する振りをして最終的に暗殺(実際には3勢力戦となるのでまともにやりあうと勝ち目が無いと感づいていた事、並びに刺客が放たれている。と事前に察知していたため王が用意した影武者だったが)漁夫の利を得て勝利を勝ち取った謎の勢力。一つだけ現段階で分かっている事は地上でマフィア同士の抗争が行われている際。街のシェルターで後ろ暗い実験を行っていた事、セキヘイインダストリーという自前の工業系組織を持っている事と譲原に対して裏取引が出来るくらいの政治力を持っていると言う事である。彼らが現れた理由とは…