2016年1月30日(土)のメンテナンスは完了しました。ご協力ありがとうございました。

五式

提供: 語り部Wiki
移動先: 案内検索

五式[編集]

五式を参照。 日本霊界を守護する結界を管理する者達。結界を介して情報の伝達や蓄積を古代から行なっている。 主に五つの家柄から成るが、時代によって一部の家柄の交代が行なわれている。

関連地名[編集]

名前
解説

関連組織[編集]

櫻衛家(さくらもりけ)
五式において『土』の称号を持つ伝承家。大要石、御要剣の管理責任を持つ。吹利県は壱村に本家がある。他四家の中継ぎ役であり、バランスを取り持っていた。
火の五式家(火の守護家)
五式において『火』の称号を持つ伝承家。古くは蝦夷北方から北海道に根差す。アイヌ民族の一派を中心としている。
木の守護家
五式において『木』の称号を持つ伝承家。四国における土着信仰が起源。
譲原家(ゆずはらけ)
五式において『金』の称号を持つ伝承家。本州中央分水嶺の南側、長野県霧ヶ峰から東を境界とする領域を管轄としている。音を用いた術を使う。
無戸室家(うつむろけ)
五式において『水』の称号を持つ伝承家。元来の伝承一族が滅んだ為に代行として五式となる。九州地方のシステム担当。
旧水の守護家
無戸室家以前に水を司っていた守護家。

歴史[編集]

言及作品[編集]

作品名
解説

話題まとめ[編集]

資料リンク[編集]

リンク[編集]